アンケートモニターは稼げる!2つのコツとおすすめ案件8つを徹底解説

アンケートモニターは稼げる!2つのコツとおすすめ案件8つを徹底解説

世間の副業ブームを横目に、何か自分にもできる副業はないかとお考えではないでしょうか。

アンケートモニターであれば、比較的誰でもすぐに始めることができる上に、コツさえ押さえておけば月収3万円も夢ではありません。

一部では「アンケートモニターは稼げない...」という人もいますが、実際には稼げるコツを押さえておけば、誰でも十分に稼げる可能性があります。
本記事ではアンケートモニターに関する特徴や種類、稼ぐためのコツ等を、初心者にも分かりやすいよう解説します。

 

アンケートモニターとは?

アンケートモニターとは、企業や個人が行なっている商品やサービス等を実際に使用し、感想等を伝えることで報酬を得ることを指します。
アンケートモニターは新規商品開発等で活用されることが多く、企業はモニターから得た商品に対するデータを集計・分析することで、その後の改善や新商品開発に役立てています。

アンケートモニターの仕組み

アンケートモニターは、案件に応募し簡単なアンケートやインタビューに回答すると、報酬が得られる仕組みになっています。

回答者に支払われる謝礼は、アンケートを実施している企業側が出しています。
アンケートモニター希望者を募るサービスは、別の会社が仲介しているケースが一般的です。

アンケートモニターの収入相場

アンケートモニターの収入相場は、平均的には、月に2~3万円程度で、年間で換算すると24~36万円程度です。

アンケートモニターの中には、一件あたり3,000円〜2万円ほどする高額な案件も存在します。

しかし、高額案件は希望者が殺到するため毎回抽選に選ばれる確率はかなり低いでしょう。
奇跡的に抽選に当選し、高額案件を受注できたとしても、継続的に取得し続けるのは難しいといえます。

 

おすすめアンケートモニター8選

 

種類 報酬額の目安 主な特徴
Webアンケート 1件:1〜200円 初心者でも稼ぎやすい
会場調査 30分〜1時間:2,000〜5,000円 高単価だが頻繁には受けられない
商品モニター 30分〜1時間:500〜5,000円 サンプル品を買い取る場合と、返送する場合がある
座談会 1〜2時間:3,000〜10,000円 一般的なアルバイトよりも稼げる
個別インタビュー 1~1.5時間:3,000~20,000円 抽選となり選ばれる人数が少ない
訪問インタビュー 1〜2時間:10,000〜20,000円 自宅に調査員数名が伺う形式の調査
覆面調査 30分〜1時間:1,000〜10,000円 指定されたお店を調査
郵送アンケート 10分〜1時間:500〜1,000円 報酬は商品券が多い

一言でアンケートモニターといっても、その内容はさまざまであり、案件によって業務内容や報酬額が大きく異なります。
より稼ぎたいと考えている方は、報酬額の目安を参考にして、できるだけ高単価な案件に応募するのが得策です。

ただし、高単価な案件は競争率がとても高いため、応募しても全く採用されないということも起こり得ます。

Webアンケート|ネットで気軽に取り組める

会員ランクとは
種類 報酬額の目安 主な特徴
Webアンケート 1件:1〜200円 初心者でも稼ぎやすい
メリット デメリット
・スマホやPCで気軽に取り組める
・5分程度で終わる
・募集案件が多い
・初心者でも簡単に取り組める
・単価が低い
・同じような質問が多く根気が必要

Webアンケートとは、その名の通りインターネットで気軽に取り組める、アンケートモニター案件です。
初心者でも比較的取り組みやすく、スマホやパソコン等でスキマ時間を活用して、いつでもどこでも作業できるのが特徴です。

また、他の案件と比較して募集件数が非常に多いため、報酬が得られやすいといえます。
ただし、単価の相場は数円からと極端に報酬が低いものもあるのが、デメリットです。

会場調査|会場でアンケートに回答する

種類 報酬額の目安 主な特徴
会場調査 30分〜1時間:2,000〜5,000円 高単価だが頻繁には受けられない
メリット デメリット
・報酬が高額である
・外出のついでに取り組める
・日時や場所が指定される
・抽選形式となっており、倍率が高い

会場調査とは、企業側が指定する日時に特定の場所に訪れて、商品やサービス等に関する紙のアンケートに回答する案件です。
調査自体は早ければ30分程度で済みますので、下手なアルバイトよりも稼げる案件だといえます。

ただし会場調査は毎回特定の場所と日時を決めてから行われるため、スケジュールを事前に空けておく必要があります。
万が一、遅刻や欠席等をした場合、その後何も連絡しないと、次回から参加できない可能性があるので注意しましょう。

商品モニター|特定商品に対して感想を回答する

種類 報酬額の目安 主な特徴
商品モニター 30分〜1時間:500〜5,000円 自宅で完結でき人気だが、謝礼は高額でない
メリット デメリット
・自宅で簡単に取り組める
・好きな商品を安価で楽しめる
・いち早く新商品を試せる
・回答期限が設けられている
・抽選応募形式が多い
・サンプル品が実費になることもある

商品モニターとは、企業側から自宅に届く商品を実際に使用してみて感じた感想をアンケートに回答する案件です。
受け取ったサンプル品を返送する必要のある場合では、商品を試した後、所定の期日までに返送しなければなりません。

新商品を試せたり、試食できたりと自宅にいながら貴重な体験ができる一方で、謝礼額が高額ではない傾向があります。
商品モニターは人気の高い案件の一つではありますが、商品を試せる割にお得!という位の感覚で参加できると、より楽しめるかもしれません。

座談会|司会者のインタビューに答える

会員ランクとは
種類 報酬額の目安 主な特徴
座談会 1〜2時間:3,000〜10,000円 一般的なアルバイトよりも稼げる
メリット デメリット
・報酬額が高い
・専門性の高い座談会の場合は、報酬が更に高くなる可能性がある
・謝礼金は終了後すぐに手渡される
・募集人数が少数である
・対象条件に一致しないと参加できない
・場所や日時の指定がある
・所要時間が長い

座談会とは、企業側が提示したテーマや商品について、複数人で意見交換を行い回答をする案件です。

例えば自動車会社主催の座談会であれば、参加者が乗っている車種や利用シーン等に関して、複数人で意見交換を行います。
座談会他のアンケートモニターとは異なり、複数人で意見交換を行うため、1〜2時間程度の時間がかかるケースが多いです。

また場所や日時等の指定があるため、スケジュールを事前に空けておく必要があります。

座談会は募集人数枠が少なく、採用倍率は高めですが、その分報酬額が他の案件よりも高いのが大きなメリットです。
謝礼金は座談会が終了した後に手渡しされる場合もあり、即金性を期待できる案件といえます。

個別インタビュー|1対1での質問形式

種類 報酬額の目安 主な特徴
個別インタビュー 1~1.5時間:3,000~20,000円 抽選で選ばれる人数が少ない
メリット デメリット
・オンラインで実施される場合もある
・報酬額が高い
・日時と会場が指定される

個別インタビューとは、企業側の質問に個別で回答する案件です。

例えば健康関連商品を扱う会社の場合、参加者の健康に対する意識や、普段の活動量などについての質問が考えられます。
個別でのインタビューと聞くと緊張する人も中にはいますが、特定の分野に関して専門的なことを聞かれるのは稀ですので、比較的リラックスして臨めます。

事前に日時と会場が指定されるため、当日は余裕を持って会場に行きましょう。
また、案件によってはオンラインで実施される場合もあります。

訪問インタビュー|訪問形式での調査

種類 報酬額の目安 主な特徴
訪問インタビュー 1〜2時間:10,000〜20,000円 自宅に調査員数名が伺う形式の調査
メリット デメリット
・報酬額が高い
・外出する必要がない
・自宅に調査員がくる
・家族の協力が必要な場合もある
・調査日時が指定される
・所要時間が長い

訪問インタビューとは、企業側から調査員が派遣され、自宅で使われている商品等に関する調査を行う案件です。

洗濯機周りや台所周りの商品の配置や、実際にどのように商品を活用しているか、などが訪問インタビューの一例です。
当日は応募者のみならず、家族にもインタビューされる可能性があるため、事前に家族に対して予告しておく必要があります。

覆面調査|特定店舗に潜入し調査する

種類 報酬額の目安 主な特徴
覆面調査 30分〜1時間:1,000〜10,000円 指定されたお店を調査
メリット デメリット
・短時間で済む
・案件によっては報酬が高い
・飲食代は実費で払い、後日謝礼に含まれて付与される場合がある
・お店に気づかれないようにしなければならない
・レポートをまとめる必要がある

覆面調査とは、企業側から指定されたお店に出向き、実際に客としてお店を利用し、お店のサービス等を調査する案件です。
覆面調査は飲食店や美容系のお店で実施されることが多いです。

お店側には調査員であることを明かさず、普段通りお店を利用し、調査後はレポート等で内容をまとめて提出することが多いです。

店舗や飲食店等が対象の場合は、飲食代や購入代について様々な指定があることが多いので、応募する際には必ず確認しましょう。

郵送アンケート|紙のアンケートに回答する

種類 報酬額の目安 主な特徴
郵送アンケート 10分〜1時間:500〜1,000円 報酬は商品券が多い
メリット デメリット
・設問が多いほど高額になりやすい
・短時間で済む
・返送手続きが手間である
・回答期限が設けてある
・手書きなので字が汚いと承認されない可能性がある

郵送アンケートとは、企業側から送られてくる紙のアンケートに回答する案件です。
Webアンケートと比べて手間はかかりますが、その分報酬額が高いのが大きな特徴です。

また郵送アンケートは、設問が多ければ多いほど、比例して報酬額も高い傾向があります。
募集案件の時点で設問数を判定するのは難しいため、提示されている報酬額を参考にして、できるだけ高額な案件に応募しましょう。

会員ランクとは

アンケートモニターで稼ぐための2つのコツ

アンケートモニターで稼ぐコツは、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

・高単価の案件を積極的に狙う
・興味がない分野にも挑戦する


アンケートモニターで稼ぐには、どれだけ量をこなすかが重要ですので、少しでも気になった案件は、積極的に応募しましょう。

高単価の案件を積極的に狙う

アンケートモニターの中は、1件で数万円の報酬がもらえる高単価な案件が存在します。
例えば座談会や個別インタビュー、訪問インタビュー等であれば、1件だけでも数万円の報酬が得られる場合があります。

ただし高単価な案件は募集枠が少ない上に抽選形式で選出されるため、案件受注できる可能性が低いのが難点です。
アンケートモニター関連のサイトに登録しておくと、情報がメールやLINE等で送付されるため、気付いた時点で応募しておくのが得策です。

infoQでポイ活を始める

興味がない分野にも挑戦する

興味がない分野に挑戦することで、受注できる案件の幅が広がり、結果的に報酬アップに繋がります。

逆にいつまでも興味がない分野を避けていては、許容範囲が広がらずに途中で伸び悩む原因になりかねません。
そのため、ある程度アンケートモニターの業務に慣れてきたら、他の分野の案件にも挑戦してみましょう。

 

アンケートモニターで月収3万円稼ぐまでのロードマップ

他の副業とは異なり、まとまったお金を稼ぐことはできませんが、初心者でも取り組みやすいのがアンケートモニターの大きな特徴です。

最初から大きく稼ごうと考えずに、まずは月収3万円を目標に取り組みましょう。

アンケートモニターで月収3万円稼ぐためのロードマップは、以下3ステップに分けられます。

1. アンケートサイトに登録する
2. 高単価な案件に応募する
3. 回答量を積み重ねる

1.アンケートサイトに登録する

まずはアンケートサイトに登録しましょう。
アンケートモニターに関する案件は非常に母数が多いため、その中から高単価な案件を取得するには、いち早く情報を収集する必要があります。
アンケートサイトに登録しておくと、登録したメールアドレス等に情報が届くためすぐに情報を得やすいメリットがあります。

アンケートサイトによっては、抽選で特定のプレゼントやポイントが貰えるなど、お得なキャンペーン等も行っている場合もあるため、有効に活用しましょう。
なかでも、GMOリサーチが運営するinfoQ(インフォキュー)では毎月ポイントがもらえるお得なキャンペーンを開催しており、アンケートの種類も豊富です。楽しみながらお小遣い稼ぎをしたい人はぜひinfoQをご覧ください。

infoQで自分に合ったお小遣い稼ぎをする

2.高単価な案件に応募する

複数のアンケートサイトに登録が完了したら、早速サイト内で高単価なアンケートモニター案件がないか、探してみましょう。
例えば座談会や個別インタビュー、訪問インタビュー等はどれも1件で数万円が獲得できることもあり、高単価なおすすめ案件です。

高単価な案件は応募者が殺到し、抽選形式となる可能性が高いため、運の要素も必要です。
基本的にどの案件も特別な知識やスキルは必要のないことが多いので、抽選で当選すればかなり稼げる可能性もあります。

3.回答量を積み重ねる

高単価案件の個別インタビューであれば1件あたり、最低でも3,000円〜2万円程度は獲得できますので、月に3件受注できれば3万円を達成を目指せます。
報酬額が高い案件が複数取れれば良いですが、全く取れない場合もあるため、できるだけ多くの案件に応募し回答量・応募量を積み重ねることが大事です。

仮に1件あたり500円〜1,000円が相場である、郵送アンケートであったとしても、30〜40件程こなせば月3万円も見えてきます。
一つひとつの報酬は少ないかもしれませんが、量を積み重ねればそれなりの報酬額になりますので、できる範囲でアンケートモニターの案件に取り組むと良いでしょう。

アンケートモニターで稼ぐ際の2つの注意点

アンケートモニターで稼ぐ際の2つの注意点

アンケートモニターで稼ぐ際には、主に2つのことに注意しましょう。

・副業の場合は収入20万円以上で確定申告が必要
・貯まった報酬は定期的に換金する

思った以上にアンケートモニターで稼ぐことができた場合は、確定申告の必要性が出てくるため注意が必要です。

また、扶養家族である専業主婦の方で、他にパートやアルバイトと掛け持ちされている方は、扶養範囲内から外れないように注意しましょう。

副業の場合は収入20万円以上で確定申告が必要

本業の収入以外で年間20万円以上の収入がある方は、確定申告が必要です。

会社で副業が禁止されている場合は、確定申告でバレる可能性もあるため、くれぐれも注意しましょう。
その他、扶養家族である専業主婦の方で、アンケートモニター以外にも、パートやアルバイトを行っている場合は、扶養範囲から外れる可能性もあります。
年収が133万円以上になると、配偶者は”配偶者控除”を受けられなくなりますので、事前に夫婦間で話し合いましょう。

貯まった報酬は定期的に換金する

アンケートサイトの中には、ポイントで報酬が付与されるところもあります。
貯まったポイントは、有効期限が定められている場合が多いため、定期的に換金しましょう。

せっかく頑張ってアンケートモニターで稼いだポイントが、失効してはもったいないため、定期的に換金するのを忘れないでください。

 

まとめ

今回はおすすめのアンケートモニターから、アンケートモニターで稼ぐコツや注意点を解説しました。

最初は多くの人が取り組みやすく、謝礼が安価なWebアンケートに着手しがちです。
しかしアンケートモニターで稼ぎたいのであれば、最初からできるだけ高単価な案件を選ぶことがポイントです。

案件によっては1件で数万円稼げるアンケートモニターもありますので、積極的に応募してましょう。

infoQは運営実績16年、年間ポイント還元額4億円を誇るアンケートリサーチサービスです。

Webアンケートや、座談会、ホームユーステストなど、さまざまな種類のアンケートが揃っており、隙間時間でも取り組めやすいのが特徴です。

あなたもinfoQで自分に合ったお小遣い稼ぎを始めませんか?

infoQでポイ活を始める

アンケートモニター募集中!簡単無料登録!infoQ|インフォキュー
infoQでは、様々なアンケートを行っております。
アンケートを通して、あなたの声を聞かせてください。
興味を持った方はぜひ、アンケートサイトinfoQに登録しませんか?
infoQ 新規登録はこちら